筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム

筑波大学

MENU

人の機能を補完し、人とともに協調し、
人の機能を拡張する情報学

【拡張領域】人が潜在的に有している
クリエイション機能を外在化し伸長させる。
Media Vehicle(プログラムリーダー 岩田洋夫教授 研究成果)

人の機能を補完し、人とともに協調し、
人の機能を拡張する情報学

【協調領域】人が接する工学システムを、
人と一体化するように調和させる。
ドライビングシミュレータ(システム情報系 稲垣敏之教授 研究成果)

人の機能を補完し、人とともに協調し、
人の機能を拡張する情報学

【補完領域】障がい者や高齢者等の
身体や感覚の機能が低下した人を補助する。
HAL®(Hybrid Assistive Limb)(システム情報系 山海嘉之教授 研究成果)

学習研究に専念できる研究環境
「エンパワー寮・コモンルーム」

学生が寝食を共にしながら
日常的に切磋琢磨し、コラボレーションを
促進するエンパワー寮・コモンルームを提供。

Prev Next
人の機能を補完し、人とともに協調し、人の機能を拡張する情報学 【拡張領域】人が潜在的に有しているクリエイション機能を外在化し伸長させる。Media Vehicle(プログラムリーダー 岩田洋夫教授 研究成果)
人の機能を補完し、人とともに協調し、人の機能を拡張する情報学 【協調領域】人が接する工学システムを、人と一体化するように調和させる。ドライビングシミュレータ(システム情報系 稲垣敏之教授 研究成果)
人の機能を補完し、人とともに協調し、人の機能を拡張する情報学 【補完領域】障がい者や高齢者等の身体や感覚の機能が低下した人を補助する。HAL® (Hybrid Assistive Limb®)(システム情報系 山海嘉之教授 研究成果)
学習研究に専念できる研究環境「エンパワー寮・コモンルーム」学生が寝食を共にしながら日常的に切磋琢磨し、コラボレーションを促進するエンパワー寮・コモンルームを提供。

エンパワーメント情報学とは

エンパワーメント情報学は、「人の機能を補完し、人とともに協調し、人の機能を拡張する情報学」です。これからの人類社会において、人の生活の質を向上させる工学システムを創出できる人材の育成を目指しています。

特色あるカリキュラム

「人をエンパワーする」システムを創出できる人材の養成を行うため、「分野横断力」「魅せ方力」「現場力」という3つの人材養成目標を定め、ユニークで特徴的なカリキュラムを構成しています。

研究環境

学生が日常的に切磋琢磨し、展示を通じてシステムを洗練する研究スタイルが特徴の「エンパワースタジオ」や、 学生が寝食を共にし、コラボレーションを促進する「エンパワー寮」といった人材育成の場を提供します。

産学・国際連携

本プログラムでは異分野・国内外・産学官の多様なセクターからなる「異分野複合研究指導チーム」による組織的な研究指導体制を学生主導で構築します。

What’s New

一覧へ

2017/11/10
「脳活動から脳情報デコーディングにより身体運動を予測することに成功:後頭頂葉が担うキネマティクス変換を示唆」
2017/11/07
エンパワーメント情報学プログラム 最終達成度審査 公開発表会のお知らせ
2017/11/06
1年次生 杉本実夏さんの所属するチームRota++ がアメリカ、スタンフォード大学で開催されたStanford’s health hackathon “health++ 2017” で受賞されました。
2017/10/30
4年次 西田 惇さんが総務省が実施する戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の平成29年度 独創的な人向け特別枠 「異能vation」プログラム「破壊的な挑戦部門」に採択されました。
2017/10/26
28年度修了生の村田 耕一さんが「週刊東洋経済」に掲載されました。
2017/10/24
海老原 格 准教授が、IEEE Oceanic Engineering Society (OES) Japan Chapter Young Researcher Awardを受賞しました。
2017/10/20
エンパワーメント情報学プログラム説明会・入試個別相談会の開催について
2017/10/18
Waseda-Tsukuba-Tsinghua Leading Summer School 2017を実施しました