筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム

筑波大学

MENU

お知らせ・情報

2017/05/22

2017年5月18日(木)に、西田 惇さんが筑波大学学生表彰(学長表彰)を受賞しました。

西田 淳さんは、サイバニクス・生体拡張技術に関する先進的な研究『人々の運動覚体験を融合するウェアラブルデバイス:biosync』において、学術性と実用性の両面から、国際的に高く評価される研究成果を挙げています。
・アジア・太平洋地域のトップ大学から情報科学分野のPhD学生に対して与えられるフェローシップを受賞(本学初)。この賞は、40の大学・研究所から選抜された110人から書類審査・最終面接試験を経て10名が選抜され、日本からは唯一の受賞となりました。
・Microsoft Innovation Awardは、主にベンチャー企業が対象となるビジネスコンペであるにも関わらず、本技術の独自性、新規性、社会的有用性、技術的難易度、そしてサービスの価値が評価され、厳格な審査を経て、唯一学生としてファイナリストに選出され、イノベーション・アワード最優秀賞及び日本航空アントレプレナー賞を受賞しました。
・人間情報学分野のトップカンファレンスであるACM国際会議CHIは、当該分野でジャーナルよりも権威があり、トップレベルの研究者でも採択されるのが難しい中、学術論文が採択されるなど、成果は学術的にも国際的に極めて高く評価されています。

学術性と実践力の両立を目指すリーディングプログラムの模範的な学生であり、実績、能力、将来性ともに、高く評価されました。

表彰の様子

西田さんのご挨拶

西田さん、おめでとうございます!

 

一覧に戻る