筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム

筑波大学

MENU

お知らせ・情報

2019/12/12


博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2019 実施報告

 令和元年11月30日、早稲田大学国際会議場井深大記念ホールにおいて、博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2019が開催され、本プログラム履修生3名(3年次生  YANG Chi-Lan、1年次生 樫原輝、澤田翔太)が参加した。本フォーラムでは、地球規模の持続可能な共通課題である、SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS(SDGs)で掲げられた17の国際目標を中心とし、ファシリテータを含めた場において異なるリーディング大学院プログラムの修了生・履修生が議論した。

 

 セッションB(日本語)では、1年次生樫原輝が目標9. 「産業と技術革新の基盤をつくろう」、1年次生 澤田翔太が目標13.「気候変動に具体的な対策を」について、セッションC(英語)で3年次生YANG Chi-Lanが目標4.「質の高い教育をみんなに」のチームへそれぞれ参加した。

 
 

 各セッションにおけるワークショップ内では、チームごとに国際目標達成のための解決策と、その結果としての10年後の世界を描くためにディスカッションを重ね、発表内容をまとめた。各チームの発表では、3年次生 YANG Chi-Lanと1年次生 樫原輝がそれぞれチームを代表して未来に向けたメッセージを発信した。

 

 短時間に関わらず、参加学生においては、自主的にチーム内の議論に参加するだけでなく、意見の取りまとめやブラッシュアップを行うことができた。学生間の交流や、未来を見通した解決策提案などについて、スキルアップを図る良い機会となった。

 

 

 

 リーディングプログラムフォーラム2019では、博士課程教育リーディングプログラムに採択された33大学62プログラムの代表学生が一堂に会し、17の国際目標であるSDGs(Sustainable Development Goals)に基づいて「10年後の世界をどのように変えたいか・変えられるか」について議論しました。正直に申し上げて、自分の専門でない分野の社会課題に対するアプローチ方法を当日初めて顔を合わせたメンバーでまとめ上げるという活動は、そう容易いものではありませんでした。短時間の間に、世界の議論がどこまで進んでいるのかをフォローし、将来のビジョンを描いた上で本質的な課題を発見し、その課題を解決するための斬新なアイデアを閃き、そのアイデアで人の心を動かすためのプレゼンテーションを行わなければなりませんでした。結果的にファシリテータの方からは酷評もいただきましたが、世界規模の複雑な課題に果敢にチャレンジする良い機会になったのではないかと思います。今回のフォーラムは、本事業の最後を飾るに相応しいものであったと言ってよいでしょう。

 

This year, the Leading Graduate Forum was held at Waseda University. In this forum, I was assigned to discuss to improve the education quality in Japan or the world with my teammates. Since my teammates are from different regions, including Africa, South Asia, South America, Southeast Asia, we found that even though we all agreed upon that unequal access to educational resources is the most critical issue we have to deal with in the upcoming years, the solution should be designed in different ways depending on the cultural-historical background of the country. This was a very great experience for me to understand the educational problem in different areas and exchange various opinions with each other. As we presented our proposed solutions to the audiences, the questions they asked and the comments they shared were very insightful. You can see that people really pay attention to what we intended to do and tried to think about how to apply our proposal to solve their educational issues in their own country. I really enjoyed having such a great conversation with the audience from different areas. In the final presentation session, we not only presented our proposal to all attendees but also heard other teams’ proposals on solving other sustainable development goals. Those ideas are very innovative and practical. I agree with what the organizer of this event said, he said that this forum is just a beginning, and we have to continue thinking about these issues and contribute our knowledge to make our world better. From this event, I see the Japanese government has put lots of effort into improving the quality of higher education and designed great curriculums for cultivating interdisciplinary researchers to solve social issues in the world. It’s really my pleasure to be part of it and I hope these kinds of leading graduate programs will keep going and cultivating more and more interdisciplinary researchers.


一覧に戻る