筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム

筑波大学

MENU

学位論文

【学位論文–年度別】

エンパワーメント情報学プログラム(EMP)履修生が発表した博士論文の情報を掲載しています。

2018年度学位授与

氏名論文タイトル指導教員
小木曽 里樹聴覚補完のための骨導振動子センサレス接触圧力推定法に関する研究水谷 孝一
佐藤 綱祐バレーボールのアタックトレーニングを拡張するシステムデザインに関する研究岩田 洋夫
髙鳥 光大規模没入ディスプレイの設計手法とその実装に関する研究岩田 洋夫
利根 忠幸Ferrofluid-based deformable robotic sheet with magnetic field control
(磁場の制御を用いた磁性流体による変形ロボットシート
の研究)
鈴木 健嗣
西田 惇Shaping Egocentric Experiences with Wearable Cybernic Interfaces
(装着型サイバニック・インタフェースによる主体的な自己
体験の変容)
鈴木 健嗣
倉本 尚美コミュニティにおける情報共有のための高齢者の嚥下特性
に関する研究
日高 紀久江
John BrumleySpatially Immersive Sound in the Bird Song Diamond Project
(バードソングダイアモンドプロジェクトにおける空間没入音場)
Hiroo IWATA
Alberto BoemMalleable Media Towards Shape-changing Interfaces (可塑的メディア:形状可変インタフェースに向けて)Hiroo IWATA
Joana Polonia Coelho de Azeredo LoboPersuasive Mobile Health Technologies for Medical Communication
and Interactive Therapy(医療コミュニケーションとインタラクティブな療育のための人を動かすモバイルヘルス技術)
Kenji SUZUKI

2017年度学位授与

氏名論文タイトル指導教員
Floris Marc Arden ERICHReactive Programming using Procedural Parameters for End-User Development and Operations of Robot Behavior Control
(エンドユーザによるロボット行動制御のための手続型変数を用いたリアクティブプログラミング)
Kenji SUZUKI
Aisen Carolina CHACINVisuospatial Assistive Device Art: Expanding Human Echolocation Ability
(視空間支援のためのデバイスアート:人間の反響定位能力の拡張)
Hiroo IWATA
Monica PERUSQUIA HERNANDEZDynamics of Positive Affective Responses Identified through Behavioral and Electrophysiological Measures
(行動・電気生理的指標を通じて同定される肯定的情動反応の動特性)
Kenji SUZUKI
Maša JAZBECCRITICAL DEVICE ART SYSTEMS
Series of different system settings for interacting and investigating of the active Self
(クリティカル・デバイスアート・システム- 自己との相互作用と分析を行う作品群)
Hiroo IWATA

2016年度学位授与

氏名論文タイトル指導教員
村田 耕一感覚機能の客観的評価のためのMRI対応感覚刺激システム山海 嘉之
若生 遼The effects of reference frames in the formation of haptic spatial representation of object relations
(触運動知覚による物体位置関係の空間表象における参照枠の影響)
綾部 早穂
潘 雅冬Modeling of Face-to-Face Behavior in Scenario-based Interaction among Humans and Robots
(場面別のインタラクションにおける人およびロボットとの対面行動モデルに関する研究)
鈴木 健嗣